そうだ京都行こう

京都・とらやカフェで、静寂を愉しむ

秋が深まってきました。
ふと「そうだ、京都 行こう」気分になりました。

虎屋茶寮は、静かでこころが休まります

思い立って、ぶらっと京都に出発。
JR京都駅から地下鉄烏丸線に乗って、今出川駅で降ります。

京都御所の隣をてくてく歩いて、8分。
お目当ての「虎屋菓寮」に到着。

虎屋菓寮は正統派の和風カフェに見えて、
中に一歩入ると、こんなにモダン。
天井が高くて、気持ちのいい空間です。

照明やインテリアもしっとりと落ち着いてます。
店員さんの接客もひっそりと静か。
静寂に包まれています。
(スマホを無音のカメラアプリにしていて良かった。)

最初に、おぜんざいを注文

小腹が空いていたので、おぜんざいを注文。
(つぶ餡か、おしるこか選べます。
 わたしは、つぶ餡の小倉にしました。)

ほどよく焼けたお餅が2つ。
甘すぎないおぜんざい。
さらさらとおなかにおさまりました。

あっさりしていたから、もうすこし食べられそう。
やっぱり生菓子も食べたくなりました。

生菓子+玉露の組み合わせがアタリ

生菓子だけでも、6種類もあります。
嬉しい!
小さな和菓子の中に、秋の魅力がぎゅっと凝縮されています。
どれにしようか迷うのも、愉しい。

初時雨と、遠紅葉、木の間の錦のどれにしようかな。

悩みながらも、木の間の錦(このまのにしき)にしました。
群青のお皿に、紅葉した蔦(つた)のお菓子が映えます。

「木の間の錦」
名前の由来は、「秋霧の中、樹間に見え隠れするツタの葉が
黄色から紅に色づく様子」を表しているそう。

芥子の実は、霧の表現だったのか。

もっちり柔らかい求肥(ぎゅうひ)と、白あんの相性もばっちり。
上品な甘さで、後味もすっきり。

お茶は「玉露」をいただきました。
(薄茶・煎茶・玉露から選べます。)

玉露は、まず2分くらい蒸して、甘みをしっかり出します。
その後は、白湯を追加してまた2分。
玉露が3杯もいただけるので、とてもオトク。
とても美味しい玉露だったので、次も玉露にしよう。


お茶を飲みつつ、お庭を眺めたり、本を読んだり・・・。
庭の水路で、鳩がプルプルとかわいらしく水浴びをしていました。

ゆっくり静かな時間が流れて、1人時間をじっくり愉しみました。

虎屋菓寮で心をゆったりさせて、
次に向かったのは・・・「楽美術館」です。

楽美術館で、すごいお茶碗を見つめてきたそうだ京都、行こう。   ・・・ということで、京都に来ました。 虎屋カフェの静けさの中、自分の頭をすっきりさせた後、 歩い...

https://hirunenikki.com/%e4%ba%ac%e9%83%bd%e3%83%bb%e9%b6%b4%e5%b1%8b%e5%90%89%e4%bf%a1%e3%81%ae%e3%80%8c%e8%8f%93%e9%81%8a%e8%8c%b6%e5%b1%8b%e3%80%8d%e8%81%b7%e4%ba%ba%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%ab

 

 

ABOUT ME
ヒルネ
ただいまセミリタイア中。 やりかったことをすることで、自分のこれからを模索中。 カゴ編み、ひとりめしを研究中。おばあちゃん犬のシズカと暮らしてます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です