BL漫画

「蝶と花の関係性」理想のサドはここにいた

サディストは才能だ

えーっと
自慢じゃないのですが、
わたし・・・・

ヒルネ
ヒルネ
マゾっぽい男性にモテる

「少しいぢめて欲しい」って顔で
そわそわ話かけてくる。

でもわたし、

ヒルネ
ヒルネ
サドじゃないから
期待に応えられないよ

・・・・って感じで、ニコニコしながら戦線離脱。

わたしのドコからサドの香りを感じるのかな?
マゾの香りは分かるけど、
サドを実行する才能と気力が備わってないのだ。
わたしには。

サドって難しいよね。
素人は手が出せない。

いぢめる側には才能がいる。
サディストこそ才能だ。

その意味で言うと
「蝶と花」の蝶野は最高のサドである。
サド界のスパダリだ。

『蝶と花の関係性』akabeko

「蝶と花」あらすじ

学生時代に体育会系で鍛えられた新入社員「花田」は
直属の先輩「蝶野」のゆるい指導が物足りない。
そんなある日、歓迎会で酔いつぶれた花田は
介抱する蝶野にムリヤリ吐かされて
苦しいはずなのに・・・気づけば気持ちよくなっていた!!

ここで蝶野は花田がマゾだと気づく。


「てめえの性癖くらいは知っておけよ 潜在ドM」

その後、花田は蝶野にドMの本能を開発されていく。

ドM開発のシーンは
まぁ・・・・めちゃくちゃエロいです(笑)
アダルトです。

1巻でめでたくカップル成立。
2巻で関係はさらに深まっていく。

なぜ蝶野はスパダリSなのか?
蝶野の秘密が明らかになる2巻は
超濃厚で・・・・控えめに言って最高だった。

akabekoセンセイ、どのマンガも独創的な面白さだが、
『蝶と花』も最高でした。

サドになぜ才能がいるのか

花田の潜在ドMを開発していくと、
花田のマゾ度が進化していく。
そうなると、サド側もグレードアップして
進化しなくてはならない。

サドはワンパターンじゃだめ。
マゾの成長度合いに併せて
プレイもシチュエーションも進化するのだ。

やっぱり・・・

ヒルネ
ヒルネ
サドは才能だ

そんなわけで、SMプレイもバリエーション豊かだ。

喉元を締め上げるなんてのは初心者向け。

おきまりの目隠しプレイとか。

頑張ったMには
ちゃんと優しい言葉をかける。
ここが重要。


その他にも、
アダルトグッズをつかったり、
場所を変えたり・・・・。
(まぁ、アダルトバージョン・・・・)

シチュエーションを考えるにも
言葉責めの台詞を考えるのも
サドには頭脳がいる。

蝶野のキレる頭脳は、
やっぱり理想のサドだ。

「花と蝶」タイトルの意味

ところで、「花と蝶」は登場人物の名字が
作品タイトルなんですよね。

最初、「花と蝶」って演歌みたいだなー。
芸能界の話かな・・・?と思ってました。

森進一の演歌にあるんですよ。
蝶と花
古すぎて若い人は知らないよね。

花田咲太郎 潜在ドM

体育会系無自覚ドM純情派
基本的に邪気がなく、無垢。
新入社員で就職した会社で蝶野と出会う・・・ってことは、23歳。

蝶野一片 スパダリS


奉仕のサド
●優男だが、振る舞いは男らしい
●受(女役)だった過去がある
●受の快感を知り尽くした攻

髪型はジョ●・コナーカット(笑)
ターミーネーターの彼ですね。

「外見から中身まで性癖を過搭載して生まれた人」と作者は語っておられます(笑)
「蝶野」は理想のサドです。

ヒルネ
ヒルネ
蝶野の魅力を語らせろ!

ってことで、語ります。

蝶野の「淫紋」には過去がある

このマンガで初めて「淫紋」という刺青を知りました。

淫紋(いんもん)は、日本のフィクションやポルノグラフィの文脈において、主に登場人物の下腹部に刻まれる紋。

蝶野の刺青はハート♥に見えるけど、
これは子宮の淫紋らしい。

彼には「子宮の刺青を入れられ、メスにされていた」過去がある。
その男と別れ、今では淫紋を消すこともできる。
でも、なぜか消せない。

蝶野の言葉は優しい

サドの行為は遠慮しないが、言葉は優しい。
このギャップがいいのだ。

サドは自分のマゾを大事に守る。
それが理想のサドである。

 

蝶野は力持ち(笑)

優男で細いボディだけど、蝶野は力持ち。

浴室で気絶した花田をお姫様抱っこです。

わたしはこの1コマでがっちりと
蝶野に心さらわれました。
カッコ良すぎだろ。

蝶野は嫉妬深い

蝶野センパイ、普段は優しくてクール。

だけど、いったん嫉妬心が湧くとこんな言葉も言っちゃうぞ。

ヒルネ
ヒルネ
オマエの女王さまポジションは
オレだろ?

花田が大好きすぎて、
焦る蝶野に萌えました。

蝶野の笑顔は甘い

普段の蝶野はクールなんだけど、
笑顔が甘いんですよ。

こんな笑顔されたら、一生付いてくよな。

花田を抱きしめるのも
もちろん蝶野センパイ。

理想のサドをみせていただき、
良い作品を読みました。

個人的に思うのは
SMプレイがどこまでエスレートするのか、
蝶野が淫紋を消す日がくるのか・・・など
いろいと想像しちゃいます。

そして、きっといろいろあるだろうけど、
2人で離れずに人生を過ごしてほしい。

そう真剣に思ってしまう作品でした。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最強のマゾはここにいる。
最強のマゾ「矢代」×最高のサド「蝶野」がもし出会ったらどうなるんだろ・・・。

「囀る鳥は羽ばたかない」マゾで淫乱は最強のサドである それは・・・このBLマンガ。「囀る鳥は羽ばたかない」ヨネダコウ この物語、どこがすごいかっていうと主人公がぶっとんでる。マ...
ABOUT ME
ヒルネ
ただいまセミリタイア中。 やりかったことをすることで、自分のこれからを模索中。 カゴ編み、ひとりめしを研究中。おばあちゃん犬のシズカと暮らしてます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です