セミリタイア

「身軽に暮らす」もの・家・仕事、40代からの整理術 

正月気分も抜けてきました。
セミリタイアして、今後の道を決める
「勝負の年」になりそうな予感。
そろそろ動きだそうと思います。

まず、「今年やりたいことリスト」を作ってみよう

毎年「今年やりたいことを100コ」
ピックアップしています。

「やりたいことリスト100」を書く時に、
大事なポイントがあります。

「達成できたか」判断しやすい書き方にする。

ダメな例: ダイエットに成功する
良い例 : -5㎏やせて、●●㎏になる

自分の力で、実行可能な目標にする

 ダメな例: 世界を平和にする
 

達成したかどうか曖昧な目標にすると
判断に迷ってしまいます。
そうなると、せっかく目標を達成しても、
モヤモヤした気持ちになってしまいます。

「●●に行く」「●●の資格を取る」
「●●さんに会う」など、自分の力で
実現可能な目標をピックアップするのがコツだそうです。

今年はプー太郎なので、時間ならたくさんあります。
今までにないチャンスのある年。
やりたいことをどんどん実現していってみます。

急に「身軽に暮らす」という本を読み返したくなった

会社を早期退職する前に、いろいろセミリタイアの本を読みました。
情報は新鮮な方がいいと思って、最近の本を選んで読んでました。

早期退職の後押しをしてくれたブログと本早期退職の勇気をくれたブログ 早期退職に心惹かれながらも、 「退職後どうしようか」迷ってました。 そんなふうに暮らして...

プー太郎になって4ヵ月がたった今、
「あ、あの本読みたいな」・・・という本がありました。
そう思って本棚を探してみたけど、見つからない(T_T)
おそらく売ってしまったんですね。

「元スタイリストの吉本由美さんが
故郷の熊本に引っ越した話」を
どうしても読みたくて、買い直しました。

ヒルネ
ヒルネ
2013年出版だから、5年前。
その頃から、ライフスタイルを
チェンジしたい気持ちが
こっそりあったのね。

「人気スタイリスト&エッセイストの吉本由美さんが
故郷の熊本に引っ越しして、身軽になった話」

吉本由美さんは、雑誌「Olive」の人気スタイリストでした。
インテリアのセンスがずば抜けていて、
オリーブの「可愛い雑貨」がたくさんあるお部屋、
憧れてました。

そんな人気スタイリストだった吉本さんですが、
「モノがあふれた部屋」がだんだんしんどくなったそう。
次に吉本さんは「エッセイスト」に転身されました。
エッセイを書くのと同時に、
週1回「バーテンダー」の修行もしながら、
50代も東京で暮らしていました。

お仕事も順調だったけれど、
50代も終わりに近づき、
「このまま東京で暮らしていいの?」
と焦りを感じるようになったそう。

そんな中、吉本さんのご両親が施設に入り、
空き家になった実家の手入れに通ううちに、
「熊本に帰ろう」と急に心が決まった。

そして今、熊本で新しい人間関係や
生活パターンを少しずつ作っていくのが
楽しいそうです。

そんなお話が6人分、まとめられている本。
「身近な人の暮らしレポート」となっていて、
自分にも参考になる話が多い。

★50代で最後のリフォームをした「山中とみこ」さん

★40代で会社を辞め、「アンチヘブリガン」
というレストランを始めた大久保夫妻

★40代で出版社を辞めて、
ママとフリーライターを両立しつつ、
バレエにも夢中な「山崎陽子」さん

★劇団員から料理研究家になった
「枝元なおみ」さん

身近にいそうだけど、
それぞれ勇気を持って、
自分の好きな道を選んだ人の話ばかりです。
だからこそ、わたしのこれからの参考になる予感がします。

しばらくこの本を手元において、
次のひらめきが来るまで眺めてみます。

プー太郎になって4ヵ月 年末のまとめ今年はわたしにとって、激動の年になりました。 年の初め、”会社を辞める”なんて想像もしてなかったです。 良いタイミングで波が来て...
ABOUT ME
ヒルネ
ただいまセミリタイア中。 やりかったことをすることで、自分のこれからを模索中。 カゴ編み、ひとりめしを研究中。おばあちゃん犬のシズカと暮らしてます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です