カラダ

かぜの咳が2週間止まらない。診断結果は、肺年齢が95歳だった(T_T)

咳が2週間経っても止まらない。
もしかして、喘息になりかけ?

2月の末にうっかり風邪をひいてしまった。

あなたの風邪はどのタイプ?

ヒルネ
ヒルネ
わたしの風邪は、
から来るタイプ

毎回、コレです。

咳でのどが痛いけど、微熱。
寝込むほどじゃないので、
市販薬でやり過ごしてみた・・・。

2週間経っても、
咳がなかなか良くならない。

特に寝るときがつらい。
寝ている時に急に咳き込んで、
眠れなくなる。

最近、webでこんな記事をよく見るし、
気になってきた。

長引く咳にご注意!咳ぜんそく。

もしかして、喘息になりかけ・・・(;_;)?

ヒルネ
ヒルネ
ここは一度お医者さんに診てもらおう。

近所のお医者さん、どこに行ったらいいのか迷う

そもそも、わたしにはかかりつけのお医者さんがなかった。

いままで体調を崩したことがなくて、
近所のお医者さんを受診したことがなかった。

ヒルネ
ヒルネ
咳を診てもらうなら、
何科に行ったらいいんだろう。

内科?
耳鼻咽頭科?

迷いながら、Googleマップで
近所の内科と耳鼻科を検索してみる。

すると・・「内科&耳鼻科」を両方兼ねている医院があった。
Googleマップでの評価も上々だったし、
そちらを受診してみた。

流行っているけど、受付さんは
スムーズに患者さんをさばいてくれたので、
待ち時間もつらくない。

看護婦さんも親切だったし、
お医者さんも丁寧に説明してくれた。

ヒルネ
ヒルネ
こんなことなら、もっと早く
受診すればよかった

気管支の状態を計測したら、
肺年齢が95歳だった(T_T)

症状のヒアリングのあと、
肺活量を詳しく計ってもらう。

ヒルネ
ヒルネ
小柄でもともと肺活量が少ないんだけど、
さらに少なくなっていたようで・・・

肺年齢が95歳!!!

という驚きの結果になっていた(T_T)

お医者さんの診断は以下の通り。

「気管支が腫れているので、
腫れを抑える薬を出します。
この年齢はあくまでも
目安ですから気にしないで。

ヒルネ
ヒルネ
ちょっと安心したけど、
でも95歳ってヤバい。

自分でも、肺活量を増やすケアをしよう。
ヨガの呼吸をとりいれようと
思いました。

処方薬がよく効きました(^o^)

咳を鎮める薬、痰を出しやすくする薬など
6種類も薬をもらいました。
(お薬代で2,000円くらいかかりました。)

今まで風邪で薬を処方されて
よく効いた経験がなかったのですが、
今回はよく効きました。

咳が減って、気力も戻ってきた。

初体験で興味深かったのが、「吸入薬」

フルティフォームというお薬で、
器具にセットして使用します。

こんな風に口でくわえて、
薬剤をノドの奥に吸い込む。


ノドの奥に吸入するスタイルのせいか、
よく効いている気がする。

お医者さんからは
「このまま放置しておいたら、
気管支炎の恐れもありました」
とこわーいお言葉ももらったので、
これからは気をつけよう。

早めの受診は大事だなぁ。

自分への戒めとして書きました。

ABOUT ME
ヒルネ
ただいまセミリタイア中。 やりかったことをすることで、自分のこれからを模索中。 カゴ編み、ひとりめしを研究中。おばあちゃん犬のシズカと暮らしてます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です