資産運用・節約

コロナの暴落でも、iDeCoで資産を増やしました

暴落でも資産を減らさないテクニック

セミリタイア後、
退職金をiDeCoと積立NISAで運用している。

【早期退職】退職金を「iDeCo」と「つみたてNISA」で運用中退職金の運用方法をじっくり考えてみた 早期退職で、退職金がまとめて入った。 わたしはセミリタイアを模索中。 (そして、今は失業...

基本の考え方は、
投資信託の積立を毎月継続すること。

手数料の低い先進国株式のインデックスファンド
絞って毎月積み立てている。

ヒルネ
ヒルネ
わたしはマネックス証券でiDeCoを運用中

マネックス証券の
eMAXIS Slim 先進国株式インデックスに積み立てている。

基本的には
積立を長期間続けていけば
リーマンショックのような暴落が来ても
ある期間待てばまた回復し、資産は増える。

とはいえ、コロナ騒動以前は
先進国の株式市場は絶好調。
よって投資信託の利益も絶好調。

でも、この絶好調がいつまでも続くわけはない。

そこで、わたしは考えた。

ヒルネ
ヒルネ
この絶好調のうちに売って、
利益を確定した方が良さそうな・・・?

なぜこんなことを考えたかというと、
(ブログ)資産運用!割安ハンター VICの投資コーポレーションで
こんな記事を読んだから。

iDeCoで約5%の利益を出した方法 2020/1/25

詳しくは上記の記事で確認していただくとして
割安ハンターVICさんのテクニックは
タイミングを計ったスイッチング。

ヒルネ
ヒルネ
賢い!

わたしもこれにならって、好調な時に
eMAXIS Slim 先進国株式インデックスを全額売り、
債権の投資信託に買い換えました。

それが2020年2月上旬でした。

コロナウイルスによる暴落なんて
全然予測していませんでしたが、
VICさんのブログのタイミングが凄かった。

あのブログを読んでいなかったら、
わたしのiDeCo資産は減っていただろう・・・。

暴落後、「底値」で投資信託を買う

幸運にも暴落前に、
iDeCoを債権型に全額移し替えていた。

コロナ騒動で株価が暴落し、
先進国株式の投資信託も同じく暴落。
-20%くらいだったかな。

そろそろ底値だと思って、
思い切って全額「先進国株式の投資信託」にスイッチしました。

理論上では
「底値で買えば、いずれは上がる」
と分かっていても、
下がり続ける商品に
全額突っ込むのは怖かった。

もっと下がるかもしれないし。

コロナ騒動で気持ちがふさいでいるときに
大きなお金を動かすのは
ドキドキしたし、負荷が掛かりましたね・・・。

底値で購入後、どうなった?

リーマンショックより経済状況は悪化する
という予測もあった。
株式市場が回復するのに
2~3年掛かると思っていた。

ところが、なぜかアメリカの株価が急激に回復している。

東洋経済オンライン
アメリカの株価が落ちそうで落ちないワケ
ナスダックは史上最高値更新が近づいている

そうなると、
わたしが購入した先進国株式の投資信託も
ほぼ前の水準にグーンと戻りました。

コロナの暴落をくぐり抜け、
大きく利益がでそうです。

どこがピークか分からないけれど、
もう十分上がったので、
売却することにしました。

コロナ暴落で資産が減りそうだったところを
幸運と知恵と少しの勇気で
資産が増えました。

実際に体験した覚え書きとして
記します。

この方式で運用すれば、
大きな暴落もそれほど恐れずにすみそうです。

ABOUT ME
ヒルネ
ただいまセミリタイア中。 やりかったことをすることで、自分のこれからを模索中。 カゴ編み、ひとりめしを研究中。おばあちゃん犬のシズカと暮らしてます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です