リメイク

ミナのハギレで、デニムをリメイクしてみた

ミナ・ペルホネンのハギレ、
絶妙なセンスにウットリする

京都のミナ・ペルホネンで、
貴重なハギレを大人買いした。

京都「ミナペルホネン・ピース」で、「ミナのハギレ」を大人買い。京都で「可愛いもの」が見たい。 どこがいいかな。 ひさしぶりに、思いだした。 京都のミナは、素敵なレトロビルにある...

そろそろ
デニムをリメイクしよう。

今回デニムにあわせて
ブルー系を選んでみた。


タンバリン、蝶々、
鳥の生地のハギレを2セット使用。

ハギレでリメイクデニムを
つくってみよう

好きなポジションポジションに
ハギレをまち針で
仮置きします。

ハギレの組合わせで
印象がずいぶん変わってきます。

ヒルネ
ヒルネ
ここがいいかな?
あっちかな?

いろいろ試す時間が楽しい。

デザインが決まったら、
「裁縫上手」で
デニムにハギレを貼り付けます。

裁縫上手は、布専用の接着材。
使い方のコツはこちら。

ハギレの裏に薄ーく塗って、
慎重に貼りつける
接着材が渇くまで
2日ほど時間をおく

接着材なので、最初は厚みのある感触で
デニム生地がバリバリしてます。
そのうち少しずつしなやかになります。

ほつれ防止に
ハギレの端を
糸でステッチする

裁縫上手のみだと、
やっぱり端っこがほつれてきます。
デザインの補強も兼ねて
布の色にあう糸でステッチすると
クラフト感がプラスされます。

ミナ・ペルホネンの威力で
迫力のあるリメイクデニムに

くたびれたダメージデニムが
ミナ・ペルホネンのハギレで
迫力のあるリメイクデニムになりました。

ミナのハギレの他に、
ミーターイーのマドラスチェックのハギレも使用。

右脚はこんな取り合わせ。

無地のリネンに
ドットステッチで
小さな水玉模様を刺繍してみた。

左脚には、ミナの蝶々も飛んでます。

バックスタイルは
ポケットのみリメイク。

右のポケットは、ネイビーのタンバリン。
左は鮮やかなブルーのベロアです。

このデニムを履いてると
オシャレな女性に褒められます。

ミナ・ペルホネンの生地のパワーでしょう。

デニムにインパクトがあるので、
トップスはシンプルなシャツか
ニットで充分オシャレです。

スウェットパンツの膝の穴あき。チクチク縫ってリメイクしてみた。保育園のバイトで 膝にパックリ穴が(;_;) 保育園で子どもと遊ぶとき 立ったり座ったり、 よく動きます。 バイトをはじめ...

 

 

ABOUT ME
ヒルネ
ただいまセミリタイア中。 やりかったことをすることで、自分のこれからを模索中。 カゴ編み、ひとりめしを研究中。おばあちゃん犬のシズカと暮らしてます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です