退職後の手続き

リクルートキャリアコンサルティングのセミナーで、自分の働き方を分析してみた。

会社都合の退職なら
「再就職支援」会社がタダで利用できる。

わたし、早期退職募集で会社を辞めました。

そうなると「会社都合」の退職になりまして
再就職支援会社を利用できるんだって。
費用は、退職した会社が持ってくれるのだ。

「再就職支援」はパソナ系かリクルート系の2社

わたしの場合、パソナキャリア
リクルートキャリアコンサルティング
2社から選べました。

退職前に利用会社を決める必要がありまして、
まずリクルートキャリアコンサルティングを訪問。

そのときの「キャリアカウンセラー」さんが
信頼できそうな女性だったので、
リクルートキャリアコンサルティングに決めました。

リクルートキャリアコンサルティングと
 リクルートキャリアは別会社

リクルートキャリアコンサルティングは再就職支援の会社で、法人契約のみ。
40-60代が顧客のため、カウンセラーの年齢も高めです。
逆に、リクルートキャリアは若い人の就職・転職支援の会社でした。


わたしはうっかりしてて、
最初に「リクルートキャリア」の受付に行って
「予約しているヒルネですが・・・」と告げたら、
「それは別会社の方ではないでしょうか。」
と別のビルを案内されました。
あのときは、予約時間に10分くらい遅れてしまって、焦りました・・・。

再就職以外のアドバイスもくれる

わたしの担当は、物腰柔らかな50代の女性カウンセラー。

経歴を聞いてみると、一般事務職からインテリアアドバイザーまで
様々な職業を経験してきたそう。
バリバリ仕事ができそうな女性でした。

彼女がキャリアコンサルになったのは、
娘さんの就職活動を見て、
職選びの大切さをアドバイスしたいと
切実に感じたからだそうです。
そういう人なら信頼できそうです。

ヒルネ
ヒルネ
わたし、大きな声ではいえませんが、今後再就職はしないつもり

そんなわたしが、キャリアコンサルを依頼するのはダメかなと思っていました。
でもそれは思い込み。
本人に、自由業・自営業への希望があれば、
自由業スタートのためのアドバイスもしてくれるそう。

キャリアコンサル=再就職支援の他に、
個人の希望に合わせて職業選択のアドバイスをくれる場所でした。

自分の働き方を明確にするセミナーを受講した

希望の働き方を明確にするため、最初にセミナーの受講をおすすめされる。

セミナーは3部構成。
3時間半みっちり内容がつまってる。

  1. これからの働き方を考える
  2. 自分の強みを明確にする
  3. アピールできる応募書類を作成する

 

働き方分析講座→これからの働き方を考える

仕事」や「働くこと」について
自分が大切にしている考え方や感じ方を明確にしていきます。

自分の仕事の進め方・重視点を思い出して、
チェックシート2枚に答えていきます。
性格判断テストみたいで面白いです。

数値をレーダーチャートにまとめてみると、
わたしが高かったのはこの項目でした。

  • 自分の専門を究めたい
  • 独立して、新しいことを生み出したい
  • 私生活を大事にしたい

    ヒルネ
    ヒルネ
    さすが。その通りです。

逆に低かったのは、
「リーダーシップをとって仕事をすすめたい」でした。
それも当たっている。

自分の領域ではプロとして任せて欲しい。
といいつつ、全体のリーダーシップを取るのは不得手。
(といいつつ、リーダータイプが居ないときは、年齢的にリーダーの役割を任されることが多くて、時々しんどかったな。)

こちらが約50分。次のセミナーに続きます。

キャリア分析講座→自分の強みを明確にする

自分の強みを明確にするために、
今までのキャリアの棚卸しをします。

ヒルネ
ヒルネ
あ・・・お茶をこぼした跡が残ってる・・・

まず「自分の仕事年表」を作成。

仕事年表の中から、
自分の働きをアピールできる
「エピソード」を書き出す。


それから、
自分の「能力・スキル・知識」は
何なのか?
を書き出します。

わたしの場合、自分の能力として
アピールできそうなのはこちらになります。

  • 分析力
  • 課題発見能力
  • 創造性
  • 企画力
  • コミュニケーション能力
  • プレゼンテーション力

マーケティング分野で働いていたので、
分析→課題を発見→解決提案という流れで仕事をしてました。
この結果が出てくるのは納得でした。

さて、自分の能力分析にみっちりと約70分かけました。
自分の強みが分かったら、最後は応募書類の書き方講座です。

アピールできる応募書類の作り方

最近は履歴書ではなく、
「キャリアシート+職務経歴書」のファイルを作り、
複数の窓口に送るスタイルとなっています。
(だから、再就職を受ける数も何十社となるんですね。)

 

 

 

 

 

キャリアシート+職務経歴書のフォーマットは、
リクルートキャリアコンサルティングのホームページからダウンロードできます。
そのファイルに書き込んでいけばOK。
ずいぶん楽だす。

応募書類の書き方で、強調されたポイントはこちら。

簡潔にポイントだけを書く
(文字量が多すぎると読んでもらえない)
敬語はなしでOK
(文章を短く、読みやすくするため)

最近はWEB上で募集するため、応募人数も何十人単位。
人事担当者は、キャリアシートを読むのに疲れている。
シンプルに分かりやすく書く方が、書類通過しやすいんだって。
なるほど!

セミナーを受けてみて

自分の強み・働き方の好みを客観的に把握できた。
自分でうすうす分かっていたことが明確になり、
やっぱりわたしは会社に就職することはないな・・・と気持ちを新たにしました。
3時間半は長いけれど、十分な価値ありでした。

ABOUT ME
ヒルネ
ただいまセミリタイア中。 やりかったことをすることで、自分のこれからを模索中。 カゴ編み、ひとりめしを研究中。おばあちゃん犬のシズカと暮らしてます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です