本が好き

感想【百年と一日】淡々と生きて死ねればいいな

こんにちわ、ヒルネです。

「百年と一日」は33の人生が淡々と描写される。

ヒルネ
ヒルネ
淡々とした語り口が徹底してる

最初は物足りないくらいだが、
あまりの徹底とした淡々さに
心地よくなっていく。

名もなき人たちが淡々と生きる物語

あらすじ

この星にあった、だれも知らない、だれかの物語33篇。
舞台は、日本のような外国のような。
学校、島、家、映画館、喫茶店、地下街の噴水広場、空港……。
さまざまな場所で、人と人は人生のひとコマを共有し、
別れ、別々の時間を生きる。

大根のない町で大根を育て大根の物語を考る人。
屋上にある部屋ばかり探して住む男。
周囲の開発がつづいても残り続ける
「未来軒」というラーメン屋。
大型フェリーの発着がなくなり
打ち捨てられた後リゾートホテルが建った埠頭で
宇宙へ行く新型航空機を眺める人々……。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実は最初こんなことを想像していた。

ヒルネ
ヒルネ
この短編たちがどこかで交差して
何かがつながる構成かも?

最近そういう技を効かせた短編集を見かけるし。

いやいや。
その想像は大ハズレ。
見事なまでにつながりませんから(笑)

それぞれ33コが独立して
はじまり、終わっていきます。

神の視点で俯瞰した物語

どの物語も
大きな事件に巻き込まれたときも
何も起こらなかったときも
登場人物は淡々と生きていく。

泣いたり怒ったりした激しい感情には触れず、
ただシンプルに人生の経過を描写する。

これって、神の視点だよね?

大きな視点から地球を見下ろすと、
たくさんの人たちが毎日生きて、
事件に巻き込まれることもあれば
そのまま何事もなく生きていくこともある。

俯瞰してみれば、誰もが淡々と生きて死んでいくんだろうな。

「百年と一日」を読みながら、
そんなことを思う。

淡々と生きた延長上に、
人知れず死んでいくんだろうな。
淡々と死ぬのも悪くない。
そんなことを思った次第です。

ABOUT ME
ヒルネ
ただいまセミリタイア中。 やりかったことをすることで、自分のこれからを模索中。 カゴ編み、ひとりめしを研究中。おばあちゃん犬のシズカと暮らしてます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です