かご

革で「かごバッグ」を編んでみた。

「ドラゴン」の革かごバッグのファンです

ドラゴンはパッと見たとき「かごバッグ」のようだ。

実態は、細い革レースを編んだ「革のかごバッグ」だ。

オフィスにも
カジュアルにも合う
大人っぽいカゴバッグ。

水牛の革レースを
イタリアで熟練の職人が編んでいるそうな。

手持ちのドラゴンを
じーっと眺めながら考えた。

ヒルネ
ヒルネ
これ、自分で編めるかな?



こんな縦×横で直角に編むタイプなら、
つくれそうな気がする。

「革のカゴバッグ」に初チャレンジ

まずは材料集め。
材料の革ひもをレザークラフトショップで購入。

このバッグ、革ひもを大量に使います。
今回は、webショップで5㎜幅の
革レースを50メートル購入。

レザークラフト Phoenix

次に、作りたい大きさの型(モールド)を決めて
編み始めてみた。

型は靴箱で代用した。

マチ幅が深い靴箱を選びました。
(靴箱が開かないように、
マスキングテープで補強。)

これで準備OK。
ドラゴンを参考に底から編み始めた。

持ち手を付けるとこまできて、
問題発生・・・(-_-;)

ヒルネ
ヒルネ
ドラゴンの持ち手の編み方は
専門的で、
素人では真似できない~(T_T)

そこで、ナンタケットバスケットを参考にして、
自分なりの革編みバッグをつくってみた。

ナンタケットバスケット3姉妹。3番目は大きなトートです。 去年の秋からナンタケットバスケットを 習い始めた。 3つめのナンタケットバスケットが完成。 ファーストバスケットが、 ...

トライ&エラーを繰り返して、
なんとか完成。

初めての革編みバッグ、完成。

革の質感がくっきり浮き上がる編みあがり。
シックで高級感のある革のかごバッグになりました。

ワンハンドルがアクセントになった
珍しいタイプのバスケット。

マチもしっかりあるので、
荷物もたくさん入ります。

裏側の編み目も揃って、キレイです。

ナンタケットバスケット用の
持ち手を利用し、
釘でしっかり留めてます。

ヘリは小さい真鍮の釘内で留め、
細い革ひもでかがって補強。

かごバッグっぽいルックスになりました。

ヒルネ
ヒルネ
ただいま自分で使って、
使い心地を検証中。

中に、リネンのあずま袋を入れて
内袋として使用中。

オリジナルの革かごバッグを作ってみて、
他にもいろいろ作りたくなってきた。

 

 

 

ABOUT ME
ヒルネ
ただいまセミリタイア中。 やりかったことをすることで、自分のこれからを模索中。 カゴ編み、ひとりめしを研究中。おばあちゃん犬のシズカと暮らしてます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です