セミリタイア

【早期退職】会社を辞めてから、想定外の人生だ(笑)

こどもの頃の未来予想図は当たっていたか

30代も後半にさしかかると、
飲み会でよく話題になるのが
「子どもの頃に想像してた自分と、
今の自分はどれくらい違うか」
というテーマだ。

たいていの人は
「想像してた自分と全然違う(苦笑)」という答え。

例えば、「パイロットになってるハズだった」とか
「東大に行ってるハズだった」とか・・・
後は「可愛い女の子達のおしゃれなママ」と答える女子も。
(実際は男の子2人のワイルドなママになっている。)

独身の女友だちは
「結婚して、こどもがいるハズだった」
というパターンが多かった。

わたしはどうだったかな。

思い返してみると面白かった。

小学生の頃に想像していた人生

本とマンガばかり読んで、
理屈っぽくて、あまり可愛くない小学生だったわたし。

小学生の頃に思い浮かべていたのは
こんな人生コースだ。

たぶん独身

特に結婚アレルギーという訳じゃないけど、
何となく自分は結婚しないだろう。
仮に結婚したとしても
確実に「晩婚」だろうと思ってた。

「赤毛のアン」にあった、アンの言葉を今でも覚えている。
”晩婚の女性は、ウェディングドレスは白ではなく紺色になる。
紺色のドレスなんて、最悪よ。”

↑こどもの頃の記憶だから、超意訳ですが・・・

小学生のわたしはなぜか読みながら

ヒルネ
ヒルネ
もし着るとしたら、
わたしはぜったい紺色のドレスだろう。

・・・なんて思ってました。

赤毛のアンでも、
わたしは独身の「マリア」が好きだったしな。
田辺聖子センセイのオールドミスが
主役の小説にも感情移入して読んでいた。

そんな訳で、小学校・中学校・高校で
独身中年女性の先生にたいしても
「オールドミス」とか「行き遅れ」とか
そういう悪口はいわなかった(笑)

だって、未来の自分だからね。
未来の自分に唾してはいけないよね。

子供もいない

赤ちゃんは可愛いけれど、
自分のこどもは欲しいと思わない。

子どもが大きくなって、
小学生とか中学生とか
口答えするし、
もうかわいくないやん。
「子育て」なんてすごい苦労だ。

・・・と思っていた。

自分が理屈っぽくて
かわいくない子どもだったからかも。

それに「自分の血を分けた存在」が
なんか不気味だった。

無意識に親に似てるとか
遺伝のチカラがこどもの頃は逆にこわかったな。

キャリアウーマンでバリバリ稼ぐ

結婚しない→自分の食い扶持は稼ぎたい。

勉強もできたし、しゃべりも上手だったので
(性格は内向的だったけど)
稼ぎのいいキャリウーマンになって
自立したいと思った。

職種は分からないけど、
オバチャンになっても
ずっと働ける職業につきたかった。

自分の家を建てる

小学生の頃、将来自分が建てる家の
間取りを描くのが好きだった。

小学生で、夢は大きく
一戸建てを建てるつもりでした。
5LDKくらいで。
アホや(笑)

しかも、5LDKなのに、
1人で住む気でした。
いくらなんでも広すぎるでしょ。

ヒルネ
ヒルネ
ほんとに結婚するイメージがなかったんだな・・・。

今から思うと、こどもらしくない
妙な未来予想図を描いてました。

実際のわたしの人生をざっくりまとめてみる。

独身で子なし。
キャリアウーマン。
自分でマンション購入。

ヒルネ
ヒルネ
ある意味、想像していたとおり。
つまらないくらい、当たってる。

想像通りの人生コースだったので、
満足しながら
淡々として生きていた。

ただ、だんだん飽きてきちゃったらしい。

「ソース」という本を読んで、
人生を変えたいと心の奥で思っていたようだ。

ソース① あなたの人生の源はワクワクすることにあるこの本を知ったきっかけは、 NLP(神経言語プログラミング)を勉強している友達からです。 「ソース」のセミナーに出た友達は、 ...
ヒルネ
ヒルネ
自分では気づいていなかったけど。

そんなわけで48歳で会社を早期退職することになりました。

会社を辞めて5ヵ月たった。なんで早期退職したんだっけ?直感で早期退職しちゃったけど、結果オーライ 夏の終わりに26年勤めた会社を 「えいっ」と早期退職しました。 あのときは、「今だ...

 

48歳で会社を辞めて、どうなった?

会社を辞める時に、
次に何をするか。

実はハッキリ決めてませんでした。

1つ決めていたのは、
フルタイムでは働かない。

時間に余裕をもって過ごしたい。

ひょんなことから、幼なじみから
保育園でのバイトに勧誘された。

保育園のバイトって、「エアー子育て」なのかも。なるほどなぁ。母性の薄い人間なのに、保育園でバイト?! 正直に白状します。 自分のこどもを産みたいと 思ったことは 一回もない。 母...

自分ではイメージしたことのない、
こども相手の仕事。

何事も社会経験だと思って、
やってみたら面白かった。

その後、医療事務の仕事についてみたけど
だんぜん保育園の仕事が好きだと気づいた。

ついにどうせ仕事をするなら、
保育士の資格も取ろう!
と決心して、勉強も始めた。

外出自粛で見えてきたこと。アフターコロナの暮らし方を考える。

早期退職してから、
思いがけない方向へ
人生進んでます。

収入はもちろん下がってるけど(笑)
楽しい日々だ。

早期退職して、失敗した(-_-;)という人もいるだろうし、
新しいジャンルでバリバリ稼ぐ人もいるでしょう。

わたしの場合はセミリタイアで
脱力系ではありますが、
経験したことのない未来が
やってきて、少しわくわくしています。

こんなセミリタイアのシングルおばさんが
楽しく生きてますってことで、
珍サンプルとして記録してみました。

ABOUT ME
ヒルネ
ただいまセミリタイア中。 やりかったことをすることで、自分のこれからを模索中。 カゴ編み、ひとりめしを研究中。おばあちゃん犬のシズカと暮らしてます。

POSTED COMMENT

  1. 葉桜 より:

    こんばんは~。この記事の前半、私が書いたのかと思いました。
    本当に未来予想図が同じです。
    私は激務過ぎて身体を壊し(婦人科の病気で手術)、49歳で早期退職、
    家族との時間を大事にしよう…と思っていたのに母が倒れて介護、看取り。
    同時期に派遣で週3日勤務を始め、投資を開始し…と波乱万丈な一年を
    過ごしました。

    それに比べればコロナなんて可愛いもんだ、という心境です。
    激動の一年を経てメンタルがタフになりました。

    ヒルネさんのブログは、正直で前向きで明るくて批判や愚痴がなくて大好きです。
    しなやかに楽しんで生きていらっしゃる感じがして、勝手に仲間意識をもち
    元気をいただいています(^_^ゞありがとうございます♪

    • ヒルネ より:

      葉桜さん、こんばんわ。
      未来予想図が同じだったなんて、面白すぎます(^o^)
      わたしと同じようなこどもが居たんだと思うと、楽しくなってきました。
      ほんとに「お仲間」ですね。
      葉桜さんはとくに波瀾万丈の1年だったんですね。
      (お母さんのこと、ご愁傷さまでした。そして、お体も大事にしてくださいね。)
      会社を辞めて、良い意味で開き直り、おばちゃんのふてぶてしさも身につけたら
      ストレスもなくなり、明るくなってしまいました。
      コロナ騒動はもう少し長引きそうだけど、お互いにタフに生き延びましょう(^o^)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です