本が好き

エロいフランス文学といえば「O嬢の物語」奴隷の幸福、服従の喜びってなんですか。

女性が書いたサドマゾ文学はエロかった

・・・といいながら、
マルキド・サドを読んでも
エロさにドキドキしなかった。

フランス文学と言えばエロス(^。^) マルキド・サド「悪徳の栄え」サディズムの代表作に期待して読んでみたフランス文学=エロいイメージがある 「フランス文学は役に立つ」を読んで、 改めて「フランス文学」って何だろう?と考えてみた。 ...

それと比較すると「O嬢の物語」は
女性が共感できるエロスが滲み出ていて、
マゾヒズムのエロにドキドキした。

O嬢の物語あらすじ

ある日女流ファッション写真家のOは、
恋人ルネにロワッシーの城館へ連れて来られる。

ロワッシーでは18世紀風のドレスに首輪・腕輪を装着させられ
複数の男の共有性的玩弄物となるよう、
鞭打などの手段により心身共に調教される。

ヒルネ
ヒルネ
恋人のルネの裏切り!?と思いきや、
ルネは愛するからこそ、
Oを調教するというロジックなのだ。

一ヶ月ほどの調教の後、城館を後にしたOは、
ルネからイギリス人のステファン卿を紹介される。
ステファン卿はルネにとって兄であり師匠のような存在らしい。
Oはステファン卿の求めにしたがって、
ルネから卿に譲り渡される。

ヒルネ
ヒルネ
ルネの仕打ちは酷すぎる。
自分の大事なOを尊敬する師匠に
譲渡することがサド界のルールなのだろうか・・・

ステファン卿の持ち物となったO。
卿に鞭打などの調教を繰り返され、
特殊な館でレッスンを受けるうちに
Oはルネのことを忘れステファン卿を愛するようになる。

Oは卿の所有物である証として
お尻に烙印を押され、デリケートゾーンに鉄の輪と鎖を付けられる。
Oはその状態に”幸せ”を感じる。

ヒルネ
ヒルネ
Oがどこまて行くのか
怖ろしいよぅ。

ある夜会で、フクロウの仮面を被せられたOは
全裸で人々の前に立ち、見世物になるのだった。

ここでO嬢の物語は終わる。

削除された章には
Oの最後が綴られていた。

Oはロワッシーに戻って
ステファン卿に捨てられる。
Oは死ぬことを選び、
ステファン卿も同意するという結末だ。

ヒルネ
ヒルネ
完全な奴隷になったOには
死ぬことしか残されていないのか・・・

O嬢の物語は「覆面作家」が書いた

O嬢の物語はただのエロではない。
服従の哲学を語る流麗な文章や
彼女の体を飾る美しい装飾物から
知的な女性が書いたと分かる。

「服従の哲学」や「奴隷の喜び」を
自分がしたいとは思わないけれど、
こういう生き方もある・・・というのは伝わる。

鞭で打たれるのは痛いし怖い。
けれども服従・隷属の喜びが恐怖を上回る。
自我をなくす喜びがある。
・・・らしいです。

O嬢の物語は映画も美しい

O嬢の物語は映画化もされている。

ケーブルテレビで放送されているのを
偶然観ました。
ヒロインのO嬢を演じるコレンヌ・クレリーが
原作から抜け出たように美しい。

ヌードシーンが多いのですが、
完璧なラインのバストに
目を奪われてました。

ヒルネ
ヒルネ
カタチのいいバストで、
女のわたしもウットリでした

ストーリー展開も原作に忠実で
変にエロ狙いではなくて
(充分にエロいけど)
女性が観ても面白かった。

ABOUT ME
ヒルネ
ただいまセミリタイア中。 やりかったことをすることで、自分のこれからを模索中。 カゴ編み、ひとりめしを研究中。おばあちゃん犬のシズカと暮らしてます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です