かご

ナンタケットバスケット ふた付きがもうすぐ完成

ナンタケットバスケットを習い始めて、3ヵ月。

籐をヤスリでせっせと削り、カゴの底にセッティング。

編み上がったら、枠をつけて
金槌で小さな釘をトントン打ち込み・・・

やっと、「ふた付きのバスケット」が完成に近づきました。
残りの作業は・・・、あと4ステップ。

  1. 木のハンドルをつける
  2. バスケットの留め具をつけます
  3. 象牙のモチーフ飾りを蓋に載せます
  4. カゴの底に、作った日と名前の焼き印を入れます
  5. ニスを塗り、よーく乾かして、完成。

裏を見ると、こんな感じ。
年内にできあがるように、蓋の周りをきっちり処理して、次のレッスンです。

今回作ったのは、大きめのラウンドバスケット。
長財布が入るサイズ【9インチ】です。

一番最初に作ったバスケット【5インチ】と並べると、
3回りくらい大きくなっています。

初めて作ったバスケットは、こんな風に
カイ・ボイスンのお猿さんの家になってます。

次のふた付きバスケットは、
お出かけにじゃんじゃん連れて行くつもり。

モチーフは、貝殻にするか、鯨にするか、悩みます。
愉しい悩みだけど、迷うなあ。

 

ふた付きナンタケットバスケット、完成しましたセミリタイアして、カゴのエルメスに挑戦 10月から、ナンタケットバスケットを習い始めました。 ナンタケットバスケットは、「バスケット...

 

ABOUT ME
ヒルネ
ただいまセミリタイア中。 やりかったことをすることで、自分のこれからを模索中。 カゴ編み、ひとりめしを研究中。おばあちゃん犬のシズカと暮らしてます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です