カラダ

プー太郎生活1ヶ月。早期退職で会社を辞めました。

はじめまして。ヒルネです。
ハルドルネームは「ゆっくり昼寝をしたいなぁ」という気持ちから名付けました。

2018年夏の終わり「早期退職」しました

今年の5月に、早期退職優遇制度の告知がありました。

ドキドキしながら退職条件を確認すると、
45~54歳の退職上乗せの金額が予想以上に高かった。
(わたしは40代後半。まさに早期退職のターゲット年齢だったのです。)

思わず、
わたし、辞めてもいいですか?

頭の中でムクムクとキケンな考えが湧いてきた。

思い返せば、過去にも2回
早期退職の募集がありました。
30代後半と40代前半の時です。

そのときは「辞める気ゼロ」だったのに、今回は「辞めてもいいかも」という気持ちに。
そしてサクッと辞めちゃいました。

実際に早期退職で辞める人は、
50代の男性ばかりだったので、
周りにはびっくりされた。

「まさか」
「何で?」
「独立するの?」
「次の就職先、決まってるよね?」

私の返事は・・・

ヒルネ
ヒルネ
しばらくプー太郎しようかと。
 何かはするだろうけど・・・、
しばらくノンビリして好きなことしようかな

ゆるーいものでした。

周りは、ポカンとしてました。

プー太郎を選んだ理由

わたしは気楽なひとり暮らし。
正確に言うと、小さなワンコも一緒です。

今まで朝から晩まで
がんばって働いてきました。

「女ひとり+犬1匹」なら、
正社員でバリバリ働かなくても
生きていけるんじゃない?
と考えるようになったのです。

幸いにも実家の母も妹も
今のところ元気で、
暮らしています。

ヒルネ
ヒルネ
元気なうちに自由時間を作って
家族と過ごす
時間を増やしたい



それが早期退職した理由の1つかな。

寿命は延びてるけれど、
「元気に動ける時間」は限られてる。
体力のあるうちに色々楽しみたいのだ。

セミリタイアして1ヶ月。
カゴを編んでます。

「会社を辞めたら、ヒマでしょ?」
と言われますが、
1ヶ月くらいだと意外と忙しい。

●送別会がいくつか
●健康保険の切り替え
●年金の切り替え
●ハローワーク訪問(雇用保険の手続き)
●家の中を断捨離

それから、時間ができたらやりたかった、
「ナンタケットバスケット」
を習い始めました。

じゃーん。

ヒルネ
ヒルネ
初めて編んだナンタケットバスケットです

アメリカのナンタケット島の
伝統工芸のかごです。
腕を上げて蓋付きのおしゃれな
かごバックを編めるようになりたい。

元同僚の男性陣たちは
「会社を辞めて、かご編むの?」
とポカンとされました。

そうです。
今はセミリタイアして、かご編んでます。

ものになるのか分かりませんが、
しばらくガシガシ編んでみます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

会社を辞めたいと思ったきっかけになった本がありました。

「魂の退社」で「会社を辞めたいのかも」と気づいてしまった。会社を辞めたい潜在意識があった?! わたしは働くことが好きだった。 そして会社のことも嫌いじゃなかった。 会社のポジションは、...

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ナンタケットバスケット、次にこれを編みました

ふた付きナンタケットバスケット、完成しましたセミリタイアして、カゴのエルメスに挑戦 10月から、ナンタケットバスケットを習い始めました。 ナンタケットバスケットは、「バスケット...

 

ABOUT ME
ヒルネ
ただいまセミリタイア中。 やりかったことをすることで、自分のこれからを模索中。 カゴ編み、ひとりめしを研究中。おばあちゃん犬のシズカと暮らしてます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です