お出かけ

楽美術館「樂歴代 」カセた「つつみ柿」静かな迫力がありました

「樂歴代 」〜桃山、令和 紡ぐ茶碗〜

楽美術館に来るのはひさしぶり。
企画展「楽歴代」を見たかった。

今回、一番のお目当てはこちら。

初代 長次郞 赤楽茶碗 銘:つつみ柿

カサカサに乾いた肌。
カセた肌の赤楽茶碗。

肌色に薄く橙色がかかったような微妙な色合い。
フライヤーの画像と比べてみる。

光によって変化する色合い。

ヒルネ
ヒルネ
カセた肌が心地よさそう・・・・

間近で見ると、静かな迫力がありました。

つづいて気になったのは、赤の筒茶碗。

五代 宗入 赤楽筒茶碗

こちらは銘なし。

ザラッとした肌合い。

薄茶が冷めにくい筒茶碗をみると、
そろそろ冬だな・・・と感じます。

次は先代の若い頃(惣吉)のお茶碗。

十五代 直入(惣吉造)皪釉筒茶碗

十五代を継ぐ前の初々しいお茶碗。

その後のアバンギャルドな作風とはまったく違う初々しさ。
ツヤっとした肌に若さがあるような・・・・。
好きだなぁ。

わたしが気になったお茶碗のラストは
表千家家元のお茶碗。

表千家八代 啐啄斎 銘:ツルシ

見た瞬間に、「柿!」と思いました。
銘は「ツルシ」

熟した柿の香りがしてきそうなお茶碗でした。

十二代 弘入 猿香合

香合の中で、この猿の可愛らしさがダントツでした。

水玉模様のお猿さん。
手に持っているのは、柿かな。

うん、柿に見えますね。

林檎の羊羹:虎屋茶寮にて

今回も近くの虎屋茶寮に寄りました。

綺麗な生菓子が数種類あって、毎回迷います。

今回は「林檎形」をチョイスしてみた。
リアルな姫林檎。

お味は羊羹でした。

ABOUT ME
ヒルネ
ただいまセミリタイア中。 やりかったことをすることで、自分のこれからを模索中。 カゴ編み、ひとりめしを研究中。おばあちゃん犬のシズカと暮らしてます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です