本が好き

樋口毅宏「おっぱいがほしい」男の子育て日記 ワルクチ言いながら、奥さんのことめちゃめちゃ好きやん・・・

樋口毅宏氏の「にっほんのセックス」がめちゃくちゃ面白かった。
そして、彼と奥さん「三輪記子サン」の取材記事がまた面白かった。

樋口毅宏「日本のセックス」読了。変態エロ+ジェットコースターサスペンス+愛だった。花田菜々子さんがエロ男子にすすめた本を読んだ 「日本のセックス」に興味を持ったのは、 「出会い系サイトで70人と実際に会って、 そ...

次は、ふたりの日常のやりとりを読んでみたい。
ということで、「おっぱいがほしい」を読んでみた。

無頼派作家も悲鳴
「子育てって、こんなに大変なの?」

樋口家は現在妻の三輪記子さんが弁護士としてバリバリ働き、
夫が家で子育てをメインで担当しつつ、執筆活動中。
奥さんは出張・外出で忙しいから、ワンオペ子育ての日も多い。

怒濤の日々から絞り出されるボヤキが
切羽詰まっていて、面白すぎる。

僕と妻は、我が家でいちばん偉い王様に仕える奴隷だ

現代の愛の奴隷・・・(笑)

樋口託児所、二十四時間年中無休のブラック企業

24時間無休・・・(T_T)
親業ってそうだよなぁ。

……みんな、こんな大変なことをしてきたの?
こんなに苦労して子供を育ててきたのに、
それでも威張ったりしないんだ?

悲鳴のようなこの言葉。
こうやって、みんな親に育ててもらったんだよなぁ。

それでいて、我が子へのあふれる愛情を隠さないのもいい。

一文が笑っている。とにかく、一文が可愛い。
自分の中にこんなにも何かに対して、
「可愛い」と思う感情があったなんて、
この子が生まれるまで知らなかった。

何気なく書いてるけど、
じわじわ沁みてきて、もらい泣きしてしまった。

パパになって気づいた「こんな社会変だ。」

自分の家の子育ての大変さから、
さらに目を向けて
「ワンオペ子育てのママ」や
「保育士さん」の大変さにも
目を向けてモノ申している。

さすが無頼派作家。

出版記念のインタビューでもこう語っている。

男の育児日記『おっぱいがほしい!』
著者・樋口毅宏さんが吼える「こんな社会は変だ!」【後編】

樋口:保育士さんというのは、本当に、尊い仕事だと思います。
保育士さん一人当たりで、いったい何人のちっちゃい子たちの面倒、
お世話をしているんだって思うと、自分にはできないなって。

なのに「誰にでもできる仕事だから給料が安いんだ」とか言う輩がいるんです。
堀江貴文さんね。

・・・・かっこいい。もっと言ってやれ!

樋口:誰にでもできるというなら、1時間でもやってみなさいって。
まずは一対一から、ミルクをあげたり、泣いたらあやしたり、
オムツ取り替えたり、やってみなさい。

でもだからといって、「結婚していない人は人間として未熟だ」とか、
「親になったことのない人は人として成長していない」
とか思ったりしたら、それは慢心というものですよ。

育児の大変さをカラダで体験しつつ、
子育て至上主義でもないとことが素敵や。

それでも、やっぱり育児って大変だよね。

パパ側からの声が少しずつでも増えていけば
社会も少しずつ少しずつ動いていくんじゃなかろうか。

奥さんのこと、ここまで書いて大丈夫?

『おっぱいがほしい!』は、泣かせる育児日記・・・だけじゃない。

樋口:『おっぱいがほしい!』は育児日記に見せかけた、
妻への悪態本ですから

悪態がまた面白い。

「三輪記子ヤリ〇〇伝説」では、
妻の昔の彼氏と会って、
妻の絶倫ぶりを聞かされたとか・・・(笑)
絶倫という言葉は男性専用かと思ってた。
女性にも使えるんだ・・・(笑)

「三輪記子暴走日記」で、
「号泣しながら、離婚する!手首切り落とす!親権あげる!と恐喝される」など
驚きの言葉が並んでいる。

ここまで書いて大丈夫?とドキドキしつつ読みました。

いちおう三輪さんに事前に原稿を送り、
チェックできるようにしていたそうですが、
三輪さんは一度もNGを出さなかったそう。

奥さま三輪さんも太っ腹・・・。
腹が据わってて、
かっこいいな。

それにね、樋口さんが奥さんを
めっちゃ好きなのがバレバレ。

妻のワルクチを書き連ねながら、
行間から「好き」があふれてる。

こんなめちゃくちゃ大変な奥さんに
つきあって、愛せるのは自分だけやで。

・・・と思っているのがもう
聞こえてくるんだ。

いいなぁ。
こういう日記、自虐的でありつつ、
実は素直すぎる。

このままどんどん熟成が進めば、
檀一雄の「家宅の人」、
島尾敏雄の「死の棘」みたいな
怖さの中に笑いがあり、夫婦の不思議がある
小説が生まれてくるのでは・・・。

ひとりの読者として、お待ちしています。

樋口さんの本、次は何を読もうかな

奥さんと付き合うきっかけになった
タモリ論も読んでみたいし・・・

子育ての妄想から生まれた
パパ同士の恋愛を描いた
「東京パパ友ラブストーリー」も読みたい。

ABOUT ME
ヒルネ
ただいまセミリタイア中。 やりかったことをすることで、自分のこれからを模索中。 カゴ編み、ひとりめしを研究中。おばあちゃん犬のシズカと暮らしてます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です