本が好き

「生まれた時からアルデンテ」平野 紗季子 中二病女子エッセイ 食に関する感覚が繊細なのか大雑把なのか

「生まれた時からアルデンテ」って、どういう意味?

ヒルネ
ヒルネ
「生まれたときから
アルデンテ」に
ちょっとイラッと来た。

著者の平野 紗季子さんは
こう書いている。

私は生まれた時からアルデンテなので、
茹でた麺をザルに放置して
ぷよぷよにするという手間でもって
パスタを殺す所業が理解できないから
芯のないことが誇りのような喫茶店のナポリタンが嫌いだし

ヒルネ
ヒルネ
そりゃパスタは
アルデンテが美味しい。
でも、たまに食べる
のびたナポリタンにも
別の美味しさがあるんだよ。

深夜にお腹が空くと何を気取るでもなく
スパゲッティを茹でるし
そもそもスパゲッティじゃなくて
パスタと呼んでいる。

ヒルネ
ヒルネ
スパゲッティって
呼んじゃダメなの?

私がパスタ好きを自認した
小学生の頃に好きだったのは、
からすみと水菜のスパゲティだった。

どうやら私は新しい舌を持っている。

カラスミのスパゲッティって、
ところで、”どんな小学生やねん”。

おまけに”新しい舌”と来た。
ふーん。

ヒルネ
ヒルネ
若くてお嬢サンで、
味のセンスがいいのよ
って自慢したいのね?

ふん、若さ自慢されてもなぁ(^^;)

当時はそう思って、
ちゃんと読まなかったのだ。

令和になって読んだら面白かった

「本屋の新井」でこの本の
「他人の家の麦茶は不気味」
というエピソードを読んで
興味を持った。

ヒルネ
ヒルネ
とぼけてて、
時に暴走する
食エッセイが面白い。

中二病女子の作文だと思うと、
急に面白くなった。

ダントツに面白いのは、
ロイヤルホストの紳士「小林さん」(仮)

ロイヤルホストで遅番で働く
紳士「小林」さん(仮称)の
追っかけエッセイが面白い。

小林さんの面白エピソードはこちら。

お客さんに、
「お嬢様」「旦那様」「お姉様方」
呼びかける。
始業の時には、
ホールに入る直前に
美しい礼と
「よろしくお願いします」の一言。
まるでここは高島屋のよう。
いらっしゃいませ、
こんばんわ、ようこそ、
ありがとうございます」を
歯を浮かさずに言えるのは
店の中で小林さんだけ
小林さんのサービスは
皿を下げるタイミングも
一定のスピード感も
メニューから顔を上げたら
オーダーを取りに来るところも
声の抑揚も言葉使いも
ウィットに富んだアドリブも完璧だ。

その上、目が死んでいるところに

プロフェッショナルを感じる。
ヒルネ
ヒルネ
まるで、イギリス映画の
執事みたいな小林さん(^o^)

小林さん(仮)は、著者が空想で名付けた名字だ。ある日、ロイヤルホストでも
「フルネーム」での名札が着用になった。

小林さんの本名を知った著者は
深く考えずに
検索してみるのだった・・・・

ヒルネ
ヒルネ
驚きの結果が!

これはやっぱり
実際にエッセイを読んで
おどろいて欲しい。

平野沙希子さん、
実は”料理下手”らしい

平野さんの食の感性
繊細なようで、
急におおざっぱだし、
なんか不思議だ。

エッセイのタイトルも面白い。

・パンケーキよりはんぺんだ

・血のマカロン時間

・消化こわい

・脳みそのおしるこ味

・ごはんは土足で上がり込む

ね、なんか食エッセイらしからぬ
ヘンテコな感じだ。

Amazonでも評価は二分されている。

そんな訳で
平野沙希子さんは
どんな人か気になって
ブログを訪問すると・・・

平野沙希子さんのブログ 底辺料理記

どうやら、自炊はかなり苦手みたい。

なるほどなぁ。

食いしんぼうだけど、
作るの苦手な感じが
あのぶっとんだ食エッセイに出てる。

そう思って、
読み返すと
色々納得したのだった。

平野沙希子さんのInstagramは
普通にオシャレで美味しそうなものの
オンパレードだった。

わたしは断然
底辺料理記の面白さに軍配をあげたいです。

 

京都「京極かねよ」で「きんし丼」うなぎとたまご焼きが美しくて、美味しい。珍しい「うな丼」目当てに、京都へ行ってきた だけど、最近のうなぎは高すぎる。 外食したら、1人3,000円オーバーになる。 ...
ABOUT ME
ヒルネ
ただいまセミリタイア中。 やりかったことをすることで、自分のこれからを模索中。 カゴ編み、ひとりめしを研究中。おばあちゃん犬のシズカと暮らしてます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です