考える

人は生まれた時から「たましい年齢」が決まっているらしい。

「自分はずーっと35歳」で生きていこうと決めた

自分が25歳のころ、
30歳になるのがイヤだった。

自意識過剰だけど
30歳になると
「フレッシュな若さ」が消えて、
値打ちがなくなる・・・
と思い込んでた。

自分でも
可愛い女子タイプじゃないと
分かっていたのに
なぜそんなにおびえていたのか・・・。
今から思えば、アホである。

ヒルネ
ヒルネ
今から思えば30歳なんて、
まだまだヒヨッコやんか。

そんな時に、思いついた。

「30歳がイヤ」なら、
いっそのこと
「35歳」の気持ちで過ごしたら
楽なのかも・・?

 

「35歳最強」
知恵と体力のバランスが最高

 

「35歳」にしたのは、
人生で最も充実していそうな年だから。

35歳は、体力的な若さもまだある。
35歳は、美しさもまだ少しはあり(笑)
恋愛もできる
35歳は、経験も増え、
意見を尊重してもらえる。
社会の原動力として動ける。

そんな35歳に憧れていた。

そんな訳で、25歳から

ヒルネ
ヒルネ
わたしは35歳!

と思って生きていくことにした。

 

「35歳」と思い込んだら、ラクだった

 

25歳から「わたしは35歳」だと思って
生きてみたら、こうなった。

ヒルネ
ヒルネ
若いコの甘えが消えて、
たくましく生きられる。

35歳だと思うと、
カワイコぶる必要がない。
モテないけど(笑)

35歳だと思うと、
堂々と意見を言えるようになった。

働く女性として、
ぐーんと生きやすくなったのだ。

35歳だと思って生きていれば、
30歳になるのも、
全然イヤじゃなくなった。

 

「35歳」過ぎても、
「35歳」と思って生きていた。
48歳から、違和感が出てきた。

 

35歳を過ぎて、40歳になっても
「35歳」の気持ちで過ごしていた。

それはそれで、
良かった気がする。

ヒルネ
ヒルネ
35歳だと思っていると、
40代でもまだまだ
イケる気になってました。

ただ、48歳くらいから
ふとした時に
違和感を感じるようになった。

35歳らしくバリバリ頑張るよりも、
もっと心穏やかに暮らしたい。

または、35歳らしく
賢くスマートに
行動するよりも
純粋な好き嫌いで動いてみたい。

そんな気持ちになってきた。

「ずっと35歳」を見直す時がきた

これからは、何歳だと思って
生きたら愉しいかな。

次に設定する年齢は、
実際の年齢と関係なく、
設定したい。

自分の感性にぴったりくる
年齢で生きてみたいのだ。

それって、実は・・・

ヒルネ
ヒルネ
たましい年齢

と言うらしい。

わたしの「たましい年齢」って、何歳だろう

「たましい年齢」という言葉を知ったのは
ほぼ日の占い師日笠雅水さんのテソウミ特集だった。

 

たましい年齢とは、何だろう

「たましい年齢」とは、
ずーっと変わらない「魂」の年齢だそう。
男女の性別もあるみたい。

生まれたときから、
「41歳の割烹着が似合う母ちゃん」タイプの人。

40代男性で
「23歳の女の子」「23歳の男の子」が
同居する人もいる。

年齢は、若いから良いとか、
年を取っているから良いとかはない。
ただ、その年齢にたましいがあるということだ。

興味深い。

日笠雅美さんは、手相を観るときに
自然に「たましい年齢」も分かるみたい。

ヒルネ
ヒルネ
わたしのたましい年齢って、何歳だろう?

知りたい。
日笠さんに手相を観て欲しい。

・・・といいつつ、
自分でたましい年齢を決めてみよう。

 

自分で想定する「たましい年齢」は

35歳は、自分にしっくりこない。

何歳なら、しっくりくるんだろう。

・・・・無心になって考えてみる。

こどもの頃は、
老成した感じだった。
(ヒネたこどもでした。)

最近は、自分のことを
「こどもっぽいな」と思うことが多い。

冷静なわたしと、
こどもっぽいわたしと
どっちが合ってるのかな。

とりあえず、暫定の「たましい年齢」は
ここらへんでしょうか。

ヒルネ
ヒルネ
23歳かな?

大学を出て、
社会に出て1年経った。
いろいろやりたいことがいっぱいある。
ただ、まだ自信もなくて
ドキドキして手が震えることもある。

そんな気持ちが
わたしの基本かもしれない。

とりあえず、ここ数ヶ月は
23歳の気分で生きてみたい。

 

 

会社を辞めて5ヵ月たった。なんで早期退職したんだっけ?直感で早期退職しちゃったけど、結果オーライ 夏の終わりに26年勤めた会社を 「えいっ」と早期退職しました。 あのときは、「今だ...

 

ABOUT ME
ヒルネ
ただいまセミリタイア中。 やりかったことをすることで、自分のこれからを模索中。 カゴ編み、ひとりめしを研究中。おばあちゃん犬のシズカと暮らしてます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です