セミリタイア

会社を辞めて、良かったことは?自分のために脳みそを使える幸せがある。

会社を辞めて、1ヶ月と10日が経ちました。

いまやすっかり、会社に行かない生活に慣れてしまった。
きれいなオフィスが恋しいとも思わないし、
会社に行かないと、人との会話も減ってしまったけど、
意外と大丈夫。
家に居るのが好きなので、もう一度会社に勤めるなんて
もうできないな。

会社を辞めて、良かったことはなんだろう?

辞めて良かったこと
①自分のために「脳みそ」を使う幸せがある。

自分の脳みそを、今までは主に
「仕事」のために使ってきた。

具体的には、
クライアントになったつもりで、
彼らの悩みや喜ぶポイントを
想像し、口説くための
企画書を書いてきた。

「クライアントは、こういう
口説かれ方をしたら、
グラッとくるはず。」

「お得意の社長が
好きな戦略はこれだ。」

・・・他人の思考をひたすら
想像する毎日だった。

面白い仕事だけど、
脳のエネルギーを
これで使い切っていた。

他人のことばかり考えて、
自分ことは後回し。

仕事のスケジュール優先で、
自分の人生設計なんて、
流されるまま。

それを一度断ち切って、
「自分がこれから何で生きていくか」
「何をして生計を立てるか」
をじっくり考えている。

これがなかなか難題で、
脳みそをフル回転しても、
正解は見えてこない。

答えはすぐに見つからないけど、
自分のために脳みそを使うのは、幸福だ。

 

辞めて良かったこと
②自分で作ったごはんを毎日食べられる。


会社勤めのころは、家に着いたら
だいたい夜の8時、9時。

そこから料理をちゃんと
作るのはしんどいから、
週末に作り置きしたおかずを
ムシャムシャ食べて、
ごまかしていた。

わたしは料理が好きだ。

凝ったことはできないけど、
「自分の作ったごはん」が好き。

死ぬまでに作ってみたい
メニューがたくさんあって、
料理本も山ほど持っているけど、
平日は作れなかった。

それがジレンマだったんだな。

 

 

 

 

 

今は、自分で朝ご飯、昼ご飯、
晩ご飯が思う存分作れる。

味付けがいまいちでも、
自分で作ったごはんはホッとする。

自分のために、脳みそを使い、
自分のために、料理を作る。

これって、贅沢なことだと思う。
今のところ、会社を辞めて
良かったことはこの2つです。

ちなみに、今日の晩ご飯は
グラタンドノフィア
(じゃがいものグラタン)でした。

明日の晩は、何を作ろうかな・・・。
そう考えながら、
眠りにつくのも楽しみです。

ABOUT ME
ヒルネ
ただいまセミリタイア中。 やりかったことをすることで、自分のこれからを模索中。 カゴ編み、ひとりめしを研究中。おばあちゃん犬のシズカと暮らしてます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です