セミリタイア

会社を辞めて5ヵ月たった。なんで早期退職したんだっけ?

直感で早期退職しちゃったけど、結果オーライ

夏の終わりに26年勤めた会社を
「えいっ」と早期退職しました。

あのときは、「今だ!今しかない。」
と直感で会社を辞めちゃいました。

今、おかげさまで幸せです。
あのとき決断して正解だった。

ただ、「辞めて良かった。ハッピー♪」で
記憶が薄れていくのはもったいない。

会社を辞めて5ヵ月たった。
そろそろ頭もスッキリしてきた。

「会社を辞めた理由」を言語化してみました。

理由① 5年後会社で働くイメージが思い浮かばない

「早期退職募集」を知ったとき、
なんとなく「1年後」自分は会社にいるかな・・・と
イメージしてみた。

1年後の自分。
今と同じようにオフィスで働く自分が
映像で思い浮かんできた。
ふむふむ、1年半後は会社で
働くのも大丈夫。

じゃあ、5年後はどうだろう?

5年後のわたしは・・?

ヒルネ
ヒルネ
あれ?
5年後に会社で働く
イメージが思い浮かばない。



オフィスの映像は出てくるんだけど、
わたしはオフィスに居ない(-_-;)

何回想像してみても、
わたしはいなかった。

これでなんとなく、
ああ、5年後は会社に居ないのね・・・と思った。

ヒルネ
ヒルネ
だったら、退職金が多くもらえる
今辞める方がいいやん!と思ったのだ

 

理由② 50代は会社で居場所がなくなりそう?

広告関係の仕事をずっとしていました。

広告の仕事って「アイデア」で
勝負する部分が多くて面白い。
ただね、広告主のスケジュールで
動くので、不規則&ハードワーク。

正直、エネルギーのある
20代~40代前半に
向いている仕事だね。

広告主に時間と労力を捧げる
サービス業種なもので、
だんだん疲れが蓄積してきた。
ココロが鈍くなる感じ。

50代の先輩をみても、
生き生きと働いている人が
少ない気がしたなぁ。
(わたしの主観で書いてます。
そうじゃなかったら、
ごめんなさい(^^;))

ヒルネ
ヒルネ
50代はつらそうだな・・
という予感がしたので、
逃げちゃうことにした。



 

理由③ 自分の価値観が「広告」の仕事とズレてきた

広告の役割は、
「広告主の商品やサービスを購入喚起させる」こと。

モノであふれている世の中でも、
「もっとモノを買ってもらうために」
消費者の心を刺激する方法を
いつも考えていた。

自分自身は、
お気に入りのモノがあれば、
もうそんなに買い物しなくていいな・・・と思ってるのに。

ヒルネ
ヒルネ
矛盾してるよねー。



割り切って仕事をしてきたけど、
気持ちの上でモヤモヤが貯まってた。

そういうストレスがなくなったのは
予想外の収穫でした。

 

理由④ 50代のうちに、モノをつくる人になりたい

人生100年時代はおおげさにしても、
予想以上に長生きしちゃう時代である。

60歳の定年まで働いて、
その後「モノをつくる人」になりたいな。
60才から、新しいスタートって
すぐできるかな・・・?

そんなことをずっと考えていた。

ヒルネ
ヒルネ
50代はシニアの入り口だけど、
まだ頭も柔らかい。
始めるなら、今じゃない?

50才前からモノ作りを始めれば、
60代はさらに熟練して
愉しくなりそう。

そういう気持ちの時に、
母からこの本を渡されて、
しっくり来ました。

50歳って、なんだかんだいって
節目なんだ。

 

会社を辞めようと思っていたら、母から「百歳人生を生きるヒント」をすすめられた「親」に早期退職を説明するのが心苦しい・・・ 今年の夏前に、「会社辞めちゃおう!」と決心しました。 (会社で早期退職の募集が...

 

次のステージにいくなら
50前が潮時でした。

 

理由⑤ 家族・愛犬のケアをして、元気にしたい

ウチの母親は幸いなことに、
今は健康で元気に暮らしてる。

父が数年前に入院して亡くなったあとは、
気力・体力を磨り減らしてた。
普通の暮らしに戻るまで、
3年以上かかったな。

やっと普通になってきた今、
もっと元気になってもらうために
娘としてケアしたい。

実家のリフォームも手伝って、
元気で愉しく暮らして欲しいのだ。

そして、愛犬のシズカも15歳。
人間でいえば75歳のおばあちゃん。

今も元気だけど、
できるだけ長く一緒に過ごしたい。

長生きしてね、シズカさん。

 

老犬は”ロング散歩”で若がえる。ウチのシズカは、チワワ・メス・15歳。 人間で言うと、70歳以上のおばあちゃんです。 病気もなく元気なおばあちゃん犬ですが、 ...

 

元の会社の人には、犬バカはバレバレで
犬のために会社を辞めるんでしょ~?と
言われちゃった。

ヒルネ
ヒルネ
バレてる・・・・(^^;)

 

理由⑥ 早期退職のボーナスが予想以上に多かった

正直、「お金」は大きなきっかけでした。

早期退職の面談をしたときに、
退職金の金額を告げられた。
ご丁寧に、税引き後の金額まで
教えてくれた。

その金額を聞いて、思わず言ってしまった。

ヒルネ
ヒルネ
ワタシ、会社辞めてもいいですか?



「おひとりさま」だし、
自分の貯金+早期退職のお金で
セミリタイアも実現できそう。

退職したあとで、
また正社員になって
ぎゅうぎゅう働くのは無理だけど、
「モノを作る人」を目指して
しばらく暮らすのだ。

失業手当も、早期退職なら
会社都合で330日もらえる。

人生のロング・バケーションをもらうことにしました。

ヒルネ
ヒルネ
お金のおかげで、早期退職できました。
次の人生をはじめてます。

早期退職制度よ、ありがとう。

今回、ほんとに幸運が重なって、
ありがたく会社を辞めました。

ひっそりと愉しく生きていきます。

ABOUT ME
ヒルネ
ただいまセミリタイア中。 やりかったことをすることで、自分のこれからを模索中。 カゴ編み、ひとりめしを研究中。おばあちゃん犬のシズカと暮らしてます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です