本が好き

樋口毅宏「日本のセックス」読了。変態エロ+ジェットコースターサスペンス+愛だった。

花田菜々子さんがエロ男子にすすめた本を読んだ

「日本のセックス」に興味を持ったのは、
「出会い系サイトで70人と実際に会って、
その人に会いそうな本をすすめまくった1年間のこと」を読んだから。

「出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に会いそうな本をすすめまくった1年間のこと」読了。読みたい本がまた増えた。本はわたしを知らない世界に連れていく 純文学からミステリー、ビジネス本まで 興味が湧けばなんでも読む。 本を読むと、 ...

 

花田さんは、出会い系で最初に会った
ガッツいた30代エロ男子にこの本をメールでお薦めする。

日本のセックス (双葉文庫) (文庫) / 樋口毅宏/著
by カエレバ

 

ヒルネ
ヒルネ
これは、
ただのエロ本ではないだろう。
きっと鋭いオチがあるはず。

そんな期待から読んでみた。

最初の2/3は「痴態エロ」だった(-_-;)

いや、いや、いや、わたし間違ってました。

ヒルネ
ヒルネ
ただのエロ本じゃなくて、
すごいエロ本だった

東大卒のエリート美人妻を他人に抱かせて興奮する夫。
この2人を巡るエロが延々とすごい。

変態プレイのマニア誌にモデル応募したり、
スワッピングの会に参加したり・・・。
M女の妻の視点で描かれるので、
かなりエモくて、エロい。

女性の視点で書かれたエロは、
女性が読むと恥ずかしいくらいエロい。
男性はこの本を読んで、
どれくらいエロく感じるんだろう・・・?

生々しい描写で、ネチネチエロいもんで、
読みながら、ちょっと腰がひける。

ヒルネ
ヒルネ
作者もそうとう変態だな・・・

と・こ・ろ・が!

エロでドロドロに熱く湿った描写が
あるところから
急にバイオレンスになり
瞬間冷却がはじまる。

ムンクの叫びみたいな
恐怖がゾクッと急に来る。

最期の1/3は、
ジェットコースターのような
どんでん返しサスペンスになる

ネタバレになっちゃうから、
詳しく書かないけれど、
犯人が分からないミステリー、
法廷サスペンス、
サスペンス、悪女の不倫ドラマなど
怒濤のどんでん返しがやってくる。

ヒルネ
ヒルネ
えーっ、えーっ、えーっ!!
そう来るか!

前半のエロも、後半の伏線だったりして・・・。
緻密に練られている。

ヒルネ
ヒルネ
あたまをガンガン殴られるような
急展開のサスペンスだった

今まで読んだことのない、
変態エロ+サスペンス+愛の組合わせだった。

花田菜々子さんがエロ男子に、
お薦めしたのも納得だった。

作者と奥さんのキャラがめっちゃ濃い。
二人のやりとりが面白すぎる。

こんな本を書く樋口毅宏って、どんな作家だろう。

興味を持って調べて見ると、
こんな面白い記事にあたった。

性に奔放な女性弁護士と翻弄される主夫作家のファンキーすぎる日常
セキララ夫婦の危険な暴走対談

ヒルネ
ヒルネ
奥さまが弁護士で、めっちゃ美人。
そして、東大・・・。

え・・・?
ちょっと、「日本のセックス」の妻とキャラが一部かぶるような・・?

どこまで反映されているんだろう・・・。
と思ったら、「日本のセックス」はお二人が結婚する前の話でした。
残念。
などなど、考えるのもまた楽し。

樋口毅宏氏は、ただいま主夫として絶賛子育て中らしく、
「おっぱいが欲しい」という本も書いている。

さわりだけ読んでも、かなり面白い。

次はこの本を読むことにする。

「人間臨終図鑑」上巻 安らかに死ぬのは至難のわざだ死ぬまでに読みたい本がたくさんある 今年の抱負。 というわけで、 山田風太郎「人間臨終図鑑」にとりかかる。 ...
ABOUT ME
ヒルネ
ただいまセミリタイア中。 やりかったことをすることで、自分のこれからを模索中。 カゴ編み、ひとりめしを研究中。おばあちゃん犬のシズカと暮らしてます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です