本が好き

「地球星人」村田沙耶香。どこまで行くのか?衝撃のクレイジーな展開に頭がクラクラする。

コンビニ人間の次は「地球星人」
鳥肌がたつ気持ち悪さ。

村田沙耶香の小説は、
常軌を逸していてヤバい。

芥川賞受賞作「コンビニ人間」の時も、
自分の目の前にどんどん高い壁ができて、
圧迫死しそうな息苦しさを感じながら読んだ。

あれは世間の同調圧力の壁なんだな。

村田沙耶香の小説は
世間の「こうあるべき」生き方に
上手にあわせられない人間が
主人公だ。

主人公がクレイジーな社会で
「どうやってサバイバルするか」がテーマだ。

「地球星人」
ポハピピンポポビア星人の話?

 

「地球星人」の出だしを読むと、
最初は魔法少女が主人公のSFかな・・・と思う。
主人公「奈月」は小学校5年生。

家族には話していないが、
わたしは魔法少女だ。

ん?
なんかちょっと違う。

小学生になったときに
お年玉で買ったぬいぐるみの
「ピュート」が実は
ポハピンポボビア星人だったというのだ。


ピュートは、白いハリネズミのぬいぐる。

ポハピピンポボビア星からやってきたピュートは
地球に危機が訪れている察知し、
その星の魔法警察の任務をうけて地球にやってきたのだ。
それ以来わたしは魔法少女として地球を守っている。

この幼い設定が、きな臭い・・・。

ヒルネ
ヒルネ
ほんとうに宇宙人なのかな。
小学生の妄想なのかも?

読み進めていくと、
どうやら宇宙人ではないみたい。

奈月は、ポハピピンポボビア星人だと
思うことで、正気を保っている。


家族からのネグレクトや
塾のバイト教師の性的虐待から、
かろうじて精神を守っている。

家の中にゴミ箱があると便利だ。
私はたぶん、この家のゴミ箱なのだと思う。
父も母も姉も、嫌な気持ちが膨らむと私に向かってそれを捨てる。

小学生にここまで思わせるとは、つらいよ。

ポハピピンポボビア星人になるのは
こどもなりに編み出した
生きのびるための手段だ。

そんな主人公の心の支えは
いとこの由宇だ。

いとこの由宇は私の恋人だ。

由宇によると、
彼は赤ちゃんの時に拾われてきた
宇宙人らしい。

宇宙人同士の恋愛だ。

奈月は、山奥の祖父母の家で
由宇といる時だけ
生きる喜びを感じる。

小学3年生の時に、「恋人」になり
小学5年生で密かに「結婚」の約束をする。

由宇とは、1年に1度しか会えないが、
お互いに誓いあう。

なにがあっても、いきのびること

そして、小学5年生で
命の危険を感じた奈月は
由宇と「内臓で」つながりたくて、
セックスしようと誘う。

2人は結ばれた直後、
大人たちに発見され
奈月と由宇は引き離される。

奈月は厳重に監視され、
由宇に会えないままに大人になる。

奈月は大人になって
由宇に再会できるのか。

奈月は偽装結婚で家を脱出

30歳を過ぎても、
奈月は家を出ることができない。

家から脱出する手段として
「すり抜け・ドットコム」で
偽装結婚の相手を探す。

性交渉なし、
握手以上のスキンシップなしの
男性だ。

偽装結婚で家を出て
2人は快適な結婚生活を送っているのだが・・・。

地球=人間を作る工場である

奈月はこどものころから、
街は地球人をつくる工場だと感じていた。

ここは巣の羅列であり、人間を作る工場でもある。
わたしはこの街で2種類の意味で道具だ。

1つは、お勉強を頑張って、働く道具になること
1つは、女の子を頑張って、この街のための生殖器になること。

わたしは多分、どちらの意味でも落ちこぼれなのだと思う。

夫も自分も、落ちこぼれ。

世間の目をすり抜けて、
地球人として生きている。

ところが、
夫が職を失い、気晴らしに
山奥の祖父母の家に
遊びに行くことになる。


そこで、同じく無職の「由宇」と再会する。

再会で変な化学反応が起こり、衝撃の展開になっていく。

山奥の家で由宇に再会
衝撃の展開が!!

村田沙耶香は、作家仲間から
「クレイジー沙耶香」と呼ばれているらしい。

「殺人シーンを書くのが喜び」“クレイジー”と
呼ばれる芥川賞作家・村田沙耶香の肖像

幼いころに結婚した由宇と
夫と奈月の奇妙な山奥生活がはじまる。

愛とか恋ではなく、
ポハピピンポボピア星として
3人は生きるようになる。

そこからは、
クレイジーとしか
表現できない展開が待っている。

盗み

ネズミを食う

殺人

カニバリズム

おぞましい展開なんだけど、
奈月たちは幸せだ。

ポハピピンポボピア星人として
生きのびることに成功したんだから。

ヒルネ
ヒルネ
はい、衝撃のラストでした。

「生きのびる」のは難しいのか

読み終わると、
精神がどよーんと濁るし、
性的虐待の描写や
カニバリズムの描写や
胸が悪くなる小説だ。

でも、村田沙耶香の小説って、
なんか読みたくなる。

私自身、神経がずぶといこともあり
死にたいと思ったことはない。

こどもを産みたいと思ったことはないが、
バリバリ働いて稼いたので
精神的に免罪符になり、
社会で生きてこられたのだろう。

もしバリバリ働けなかったら、
生きることが
つらかったかもしれない。

でも、今プー太郎だし、
「工場」視点では不良品なのよ、わたし。

いいやん、不良品でも。

そんなことに気づいたり、
考えたりするのは
クレイジー沙耶香のおかげかも。

それでまた日にちがたつと、
次のクレイジーを求めて読んでしまうのだろう。

 

 

【感想】「殺人出産」村田沙耶香 10人産めば1人殺していいですよ。殺人と出産はセットです。「殺人出産」村田沙耶香 タイトル通りショッキングな小説 年明け早々、心臓がギュッと震える怖い小説にあたってしまった。 ...

 

ABOUT ME
ヒルネ
ただいまセミリタイア中。 やりかったことをすることで、自分のこれからを模索中。 カゴ編み、ひとりめしを研究中。おばあちゃん犬のシズカと暮らしてます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です