本が好き

【感想】「罪の声」犯罪に利用された子供たち。今どこで生きているのか。

「グリコ・森永事件」は
昭和生まれの自分がこどもの頃に
リアルタイムに体験した犯罪だ。

ノンフィクションでは、
謎のジャーナリスト・一橋文哉(いちはしふみや)の
「闇に消えた怪人」は、真犯人を特定していた。
1996年出版で、読んだ時は、めちゃくちゃ興奮した。

2018年に、NHKスペシャルで放送した
「未解決事件・グリコ・森永事件」も読み応えがありそう。

1冊読むと、また関連書籍を読みたくなる。
読みたい本リストがまた長くなっていく。

ABOUT ME
ヒルネ
ただいまセミリタイア中。 やりかったことをすることで、自分のこれからを模索中。 カゴ編み、ひとりめしを研究中。おばあちゃん犬のシズカと暮らしてます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です