綺麗なモノたち

ビンテージのフランス皿は渋いお菓子が似合う

ビンテージのフランス皿の使い道

 京都のアンティークショップ「Umwelt(ウンベルト)」から持ち帰った
 クリーム色のフランス皿、何を盛ろうかと迷ってました。

 せっかくだから、初回は素敵なお菓子をのせてあげたい。
 ラ・スールのカヌレなんて、どうでしょう。


 ドライいちじくのカヌレです。
 カヌレだと地味すぎるかな・・・? と思いましたが、

 クリーム色のお皿に、ダークブラウンのカヌレが綺麗です。
 カヌレが美味しそうにみえますよね。
 地味なお菓子こそ、このお皿の真価が発揮できると思います。

 ラ・スールのカヌレ、しっとりもちもちで、イチジクの甘みもほどよく、
 さすが、美味しいカヌレでした。

ビンテージのお皿は、和菓子にも合う。

 地味なお菓子こそ合うと分かったので、
 今度はさらに渋い和菓子を盛り付けてみました。

「あずき鹿の子」です。
 あずき色一色だけど、このお皿だとかっこよく見えませんか(^。^)

 やっぱり、このお皿を連れて帰って良かったです。
 今度は派手なお菓子も盛りつけてみよう。

 

あわせて読みたい

 京都のアンティークショップをめぐってみた

ABOUT ME
ヒルネ
ただいまセミリタイア中。 やりかったことをすることで、自分のこれからを模索中。 カゴ編み、ひとりめしを研究中。おばあちゃん犬のシズカと暮らしてます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です