食いしんぼう

銀座「篝」で「鶏白湯SOBA」。上品で濃厚な白湯ラーメンを味わいつくす。

梅田で、上品こってりな白湯ラーメンが食べたいなら

たまに上品な白系こってりラーメンが食べたい日がある。

そんな日は、ルクアバル地下の「篝(かがり)」へ向かう。

ランチ時は、たいてい10人以上並んでる。

イラチの関西人なので、
行列のできる店は避ける方だけど、
篝ならしゃーない。

今日はどうしても食べたいので、
おとなしく並ぶ。

今回は待つこと15分で、入店できました。

店に入ったら、すぐレジで注文&お会計。

ヒルネ
ヒルネ
ど定番の「鶏白湯SOBA」と味玉を注文。

蛤と牡蠣SOBA、つけSOBAも
注文したことがあるけど、
「鶏白湯SOBA」が一番好きだ。

お店の中は、モクモクと湯気があがっていて
白湯の香りが漂う。

薬味のフライドオニオンとすりおろし生姜が
まず運ばれてくる。

あー、来た来た。
鶏白湯SOBAがやってきた。

綺麗だ・・・。

ヒルネ
ヒルネ
濃厚な白湯のイイ匂いがする(^^)

野菜は、ヤングコーン、いんげん、かぼちゃ、ラディッシュ、トマト。

白湯と野菜の相性が良くて、
野菜の甘さがひきたつ。

コシのある細めの麺。
白湯がしっかり絡んで、噛みしめると小麦の甘さがでてくる。

三河屋製麺という有名なところの麺らしい。

 

鶏白湯SOBAはアレンジで、味わいの変化が楽しめる

ヒルネ
ヒルネ
さて、ここからはアレンジしながら
とことん味わうぞ。

鶏白湯SOBAのおすすめの食べ方は、
「生姜」「お酢」「黒七味」を少しずつ入れて
味の変化を楽しむやりかた。

まずは、原了郭の「黒七味」と、すりおろし生姜を投入。
生姜の風味で鶏白湯がさっぱりした味に変わって、
その後の黒七味でピリッとしたあとくちになる。

その後、フライドオニオンをのせると
今度はスープにタマネギの甘みが加わる。

それから「鶏チャーシュー」を味わう。

ヒルネ
ヒルネ
鶏チャーシューは、柔らかくてジューシー。
鶏肉のうまみがジュワーとでてくる。

最後に、味玉を半分にわる。

半熟の濃い黄身と白湯スープをからめていただく。

ヒルネ
ヒルネ
たまごLOVERなもので、
半熟味玉は最後のお楽しみに味わうのだ。

具を食べきったら、
次はスープに「お酢」を入れて、
酸っぱさを足す。

お酢を大さじ1くらい足して、
黒七味を振ると、白湯スープの味が大きく変わる。

ヒルネ
ヒルネ
わたしはお酢を多めに入れて、
最後まで飲んじゃいます。

ふぅー、おいしかった。

大満足。ごちそうさまでした。

 

京都「新福菜館」へ「女ひとり」ラーメンしてきた京都「新福菜館」のラーメンが急に食べたくなった 京都で1人ランチ、何を食べたい? 京都っぽい中華かな? 親子丼・・・? ...
ABOUT ME
ヒルネ
ただいまセミリタイア中。 やりかったことをすることで、自分のこれからを模索中。 カゴ編み、ひとりめしを研究中。おばあちゃん犬のシズカと暮らしてます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です