本が好き

「82年生まれ、キム・ジヨン」を読みながら、日本も同じくらい女性は生きづらいと思う。でも、生まれ変わるなら女性がいいな。

「女性の生きづらさ」を描く、
韓国のベストセラー小説

自分の心が空洞になってしまうような
インパクトのある表紙。
いきなり心を病み、狂ったような言動をとる
若い主婦のストーリーが興味を掻きたてる。

韓国では、「男子」の誕生が待ち望まれる。

赤ちゃんが「女子」だと分かった段階で、
母親は責められ、「次こそ男子を」と周りから言われる。

ひどいときは、「女子」の赤ちゃんだと分かったら
中絶をするケースも過去にはあったらしい。
そんな理由で、過去に韓国では「男子」の方が
女子よりも明らかに多く産まれていた。

ヒルネ
ヒルネ
女の子が中絶の対象だったと知って、
ショックでした(T_T)

子供時代・・・男兄弟がまず優先される

進学も、男の子が優先される。
女の子は、勉強ができても進学しなくていい。

個室も、男の子にまず割り当てられ、
女の子は何人かで部屋を使う。

家事も、女の子供はお手伝いをするけれど、
男の子はお手伝いなし。

ヒルネ
ヒルネ
こんな育てられ方をしたら、
無意識に女性を見下すようになるよね

ここらへんは、
少し前の日本でよく聞く話。

日本でも、男子の方が
女子より優先されるのはよくあった話だ。

 

学校・・・男子の暴言に傷つく

小学校・・いじめっ子にいじめられる

キム・ジヨンを好きな男子が
しつこく暴力をふるったり、
悪口を言ってかまってくる。

先生は「あいつはジヨンのことが好きだからいじめるんだ。
許して仲良くしてみたら?」と言うけれど、
ジヨンは我慢できなかった。

ヒルネ
ヒルネ
日本でも、
可愛い女子を狙って、
スカートめくりとかあった。

小学生男子が幼稚でおバカさんなのを差し引いても、
いじめられた子はつらいよね。

ヒルネ
ヒルネ
ちなみに、自分はいじめられたら
やりかえすタイプだったから
いじめられなくなったな・・・

↑こういう女子はモテないけれど、
生きやすかったりする・・・。
複雑な気分だけどね(^^;)

 

高校生・・・ストーカーの恐怖を味わう

 

高校生になれば、男性教諭が必要もないのに
体にタッチしてきたり、学校でも気を抜けない。

下校時には、ストーカーの男子生徒に追い回され、
危機一髪で、勤め帰りの女性に助けてもらう。

あなたが悪いんじゃないと
助けてくれた女性は優しく慰めるけれど、
父親からは「オマエに隙があるからだ」と攻められる。

ヒルネ
ヒルネ
傷ついた上に、怒られる。
つらいなぁ。

 

大学生・・・「人が噛んで捨てたガム」呼ばわり

 

初めて彼氏ができるが、別れることになる。

優しかった男の先輩は影でこっそり
「あいつは人の噛んだガムだ」
と悪口を言っていた。

ヒルネ
ヒルネ
これはショック・・・。
表の顔は紳士的だった男性の
裏の顔なんて知りたくないよ・・・

就職で苦労し、働き方も区別される

 

まず女性は、就職で苦労する。
大学を出ても、大きな会社に就職できない。

ヒルネ
ヒルネ
日本でも、そうだった。
なまじ4年生大学を卒業した
わたしも就職活動は苦労したなぁ。

やっと就職しても苦労は続く。
どうせ結婚・出産で辞めるだろうと、
使い捨てのように
ハードな業務を担当させられる。

でも、どうせ辞めるから
責任のある仕事は任せてもらえない。

そして、酒席では「お酌」要員。
さらに気分が悪くなるまでクライアントに飲まされる。

ヒルネ
ヒルネ
あああ・・
これは今の日本でもある話・・・。

 

出産で退職したら、「ママ虫」扱いされる

結婚し妊娠したら、
ハードワークの広告会社を続けたくでも
続けられなかった。

しかも、産まれたのが「娘」だったから、
義父母や周囲から無言で非難される。

出産後は、
ワンオペ育児で、疲労困憊。

娘を保育園に送っていって、
公園でコーヒーを飲んでホッとしていたら、
サラリーマンから「ママ虫」と悪口を言われる。

ヒルネ
ヒルネ
ママ虫とは、育児をろくにせず遊びまわる害虫のような母親という意味。ネットで使われる悪口である。

この言葉で、ジヨンの精神はズタズタになる。

でも生まれ変わるなら、
「女性」がいいな。

弱者だって、成長して成功する。

そして、弱者は社会に縛られない自由がある。

日本でもおばちゃんになると、
本音もどんどん言えるようになって、
自由度は増してくる。

おばあちゃんになったら、
もっと自由に生きていけそうな気がする。

どうだろう。

この韓国のショートショート集も面白かった。
ABOUT ME
ヒルネ
ただいまセミリタイア中。 やりかったことをすることで、自分のこれからを模索中。 カゴ編み、ひとりめしを研究中。おばあちゃん犬のシズカと暮らしてます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です